予算の立て方、本づくりの料金目安 -出版.net

本はいくらでできる?

本作りは常にケースバイケースで、同じものは一つとしてありません。
概要をつかんで頂くために、ご依頼の多い3つの判型でご紹介します。
本文の文字数7~8万字程度の場合の概算金額は、下記のとおりです。
ライターに執筆依頼すると下記金額にプラス70~80万円程度必要です。

四六判/本文192頁/ソフトカバー、1,000冊の場合

ビジネス書等に多い判型 (縦188mm、横130mm) です。
カバーはフルカラー、本文1色刷りの概算料金は、
・編集・デザイン・DTP代:約60万円
・印刷・製本・用紙代:約60万円
・出版取次経費・運賃等:約15万円
小計:135万円

A5判/本文128頁/ソフトカバー、1,000冊の場合

教科書などに多い判型 (縦210mm、横148mm) です。
カバーはフルカラー、本文1色刷りの概算料金は、
・編集・デザイン・DTP代:約54万円
・印刷・製本・用紙代:約62万円
・出版取次経費・運賃等:約15万円
小計:131万円

B5判/本文64頁/ソフトカバー、1,000冊の場合

ポストや現代などの週刊誌サイズ(縦257mm。横182mm)です。
カバーはフルカラー、本文1色刷りの概算料金は、
・編集・デザイン・DTP代:約50万円
・印刷・製本・用紙代:約54万円
・出版取次経費・運賃等:約15万円
小計:119万円

以上は、印刷効率も加味して算定した概算見積りです。
全国の書店やアマゾンなどネット書店販売が前提です。
商業出版として遜色のないクオリティが必須条件です。

ただし本は一冊一冊、特徴もあれば別の顔を持っています。
状況に応じ、費用対効果を考えて見積もる必要があります。
どうぞご遠慮なく、幾度でも見積もり依頼をしてください。

ページトップへ