楽して、文章力を向上させる裏技

本

なぜか努力して原稿を書く人は、いつまで経っても成長しない。

努力に反して、さらに自己流で自分勝手な文章になっていく。

ところが本人が書かずに、ライターに執筆を頼むと文章力が向上する。

理由は簡単、著者の伝えたいことを、第三者の目で見るからだ。

著者の、必要以上の思い入れや自己主張を抑えた表現になる。

思いのたけを第三者に表現してもらうと、もう一人の自分が見えてくる。

……………………………

長年編集の仕事に関わっていると、すべて第三者のライターが書いている著者なのに、日々文章力が向上していると気づかされることが多い。

考えてみれば当り前で、プロのライターの添削を受け続けているようなものだ。文章力向上のための最善の道、素材の収集と厳選に集中しながらも、客観的で分かりやすい文章表現とは何かを学び続けている。

「原稿用紙に書かない著者なんて邪道だよ」と40年ほど前に言われたことがある。一発変換できるワープロを使うなんて物書きの風上にも置けない存在だと思われていた。

「大切なのは、誰に何を伝えたいかだよ」と、昔も今も言い続けている。ワープロソフトを使い、デザイナーを使い、ライターを使って、より優れた本を出し続けて欲しい。それが自分の文章力の向上にも役立つならば、こんなに美味しい話はない。

※ 本を作るなら ☞ 出版ネット

コメントを残す