執筆は、目次に始まり、目次に終わる

本

執筆のためにも、地図と羅針盤が欠かせない。

起承転結など、読者を誘導する構成も必要になる。

簡単かつ明瞭な地図作り、それが目次(案)作成だ。

当然、幾度も書き直す。執筆途中でも微調整を加える。

要は、全体を俯瞰しながら、部分を書き進めることだ。

プロならば「台割表」も作って、さらにバランスを考える。

※ 俯瞰(ふかん):上から全体をみわたすこと。

……………………………

テーマを決めたら勢いで、思いつくままに書く人がいる。それが著者にとって、いかに完璧な知識として準備されていようと、知識の多さを見せびらかすだけの、意図不明な言葉の羅列に終わってしまう。ただ闇雲に書き進めると、その執筆意図が分かっているのは著者だけという、自己満足にしか過ぎない本になってしまうことが多い。

どのように順序だてて説明すれば読者の理解を得られるかと、構成を考える手段が目次作りだ。まずは大雑把な目次を作り、目次に沿って挿入すべき項目を考える。全体のバランスを考えて、幾度も目次を組み替えるのは当然のことだ。執筆は目次に始まり、目次で終わると心得て欲しい。

※ 本を作るなら ☞ 出版ネット

コメントを残す