原稿なんて、箇条書きでいいのだ

本

無理して文章の体裁を整えるなんて愚の骨頂。

誰もあなたに名文など求めていない。

読者が求めるのは、豊富なあなたの知恵と経験と感動。

努力の99%はコンテンツに傾倒すべきだ。

だからこそ箇条書き。箇条書きで200項目が目安だ。

そのくらいの中身がないと、本にはならない。

………………………………………………………

努力の半分以上を文章の体裁に費やしていないだろうか? 物書きが苦労するのは原稿の中身、コンテンツ作りだ。執筆作業の70%以上は取材や調査などの材料集め、さらに集めた資料の整理と目次作りで20%の作業量となる。私の実感だと、文章化の作業なんて執筆作業全体の10%にも満たない。

出版に関連して、ゴーストライターを使用することに嫌悪感を持つ人もいるようだが、まったくの問題外だと思っている。それこそ素人の読みにくい文章を読まされる読者こそ、いい面の皮だ。著者が自ら纏めるべきだと言うならば、それこそカバーデザインからDTP作業までやらなきゃオカシイ。

今から30年ぐらい前までは、カバーデザインも校正も組版の指示も担当編集者や著者がやっていたし、雑誌のようなよほどのビジュアルもの以外は、外注なんてあり得なかった。装丁などカバーデザインも外注することによって良くなり、文章も専門のライターが携わるようになって、読みやすい本が増えて来た。

著者の主な仕事は、コンテンツ作りだ。本の中身に99%の努力を払うべきなのに、文言をこねくり回すことに気を取られているから、中身のない本になっていると思うことが多い。

※ 本を作るなら ☞ 出版ネット

コメントを残す